FC2ブログ

公務員試験の自然科学の勉強法

みなさんこんにちは
LEC 千葉本校 公務員担任の岡田です。

最近は猛烈な暑さは和らいできましたね。

季節の変わり目なので体調の変化には気をつけて勉強を頑張ってくださいね。

今日は、公務員試験の勉強の中で多くの方が悩む自然科学の勉強法についてです。

自然科学は県庁では生物と化学が2問ずつ出題されますが、それ以外の、数学、物理、地学は1問ずつしか出題されません。

1科目当たりの出題数が少ないですよね?

だからこそ、メリハリをつけた学習が必要になります。

1問しか出ない科目に何十時間もかけて勉強するのはコストパフォーマンス悪いですよね?

ここで、文系と理系の方に分けて勉強法を伝授したいと思います。

①文系の方
物理・数学は最低限度にしましょう。
この2科目は、今まで勉強経験がない方にはつらい分野です。

その中でも、暗記だけで対応できる分野や、簡単な部分もあります。
そこは担任相談やホームルームで公開していきますので是非来てくださいね!

文系の方にもオススメしたいのは、生物と地学です。
この2科目は暗記だけで対応できますので、講義に参加してくださいね。

化学は暗記分野のみやりましょう。
ただ、私の講義を受けて頂ければ計算問題も絶対に理解できます!
一緒に頑張りましょう!

②理系の方
得点源です。
十分な学習をして下さい。

理系の方なら数学は講義を改めて受ける必要はありません。
物理と化学についても受験で利用したならばあらためて学習する必要はありません。

ただ、公務員試験には傾向がありますので、過去問を利用して十分な分析と演習は積んでくださいね。

以上が公務員試験の自然科学についてです。

分からないことがあったら、千葉本校まで連絡してください。


スポンサーサイト



トラックバック