岡田講師の記事 (1/3)

東京都・特別区採用試験に向けて【千葉本校担任:岡田】

みなさんこんにちは! 千葉本校担任の岡田です。

日差しも強くなってきて毎日昼間は暑く感じる時期になって来ましたね。

朝晩の寒暖差が大きいので体調管理に注意して下さい。

今日は、特別区まであと二日ですので、試験直前期の過ごし方をお話したいと思います。

「先日まで試験勉強するのはやめましょう」

理由は2つ。
1つ目は、1日じゃ大した量はできないし、穴が見つかると不安になるから。
2つ目は、翌日に疲れを残すから。

勉強を頑張るのは今日までですよ!

それでも不安で前日も勉強したいって方は、時事などの暗記科目の最終確認をやって早めに寝ましょう。

スポンサーサイト

公務員試験の自然科学の勉強法

みなさんこんにちは
LEC 千葉本校 公務員担任の岡田です。

最近は猛烈な暑さは和らいできましたね。

季節の変わり目なので体調の変化には気をつけて勉強を頑張ってくださいね。

今日は、公務員試験の勉強の中で多くの方が悩む自然科学の勉強法についてです。

自然科学は県庁では生物と化学が2問ずつ出題されますが、それ以外の、数学、物理、地学は1問ずつしか出題されません。

1科目当たりの出題数が少ないですよね?

だからこそ、メリハリをつけた学習が必要になります。

1問しか出ない科目に何十時間もかけて勉強するのはコストパフォーマンス悪いですよね?

ここで、文系と理系の方に分けて勉強法を伝授したいと思います。

①文系の方
物理・数学は最低限度にしましょう。
この2科目は、今まで勉強経験がない方にはつらい分野です。

その中でも、暗記だけで対応できる分野や、簡単な部分もあります。
そこは担任相談やホームルームで公開していきますので是非来てくださいね!

文系の方にもオススメしたいのは、生物と地学です。
この2科目は暗記だけで対応できますので、講義に参加してくださいね。

化学は暗記分野のみやりましょう。
ただ、私の講義を受けて頂ければ計算問題も絶対に理解できます!
一緒に頑張りましょう!

②理系の方
得点源です。
十分な学習をして下さい。

理系の方なら数学は講義を改めて受ける必要はありません。
物理と化学についても受験で利用したならばあらためて学習する必要はありません。

ただ、公務員試験には傾向がありますので、過去問を利用して十分な分析と演習は積んでくださいね。

以上が公務員試験の自然科学についてです。

分からないことがあったら、千葉本校まで連絡してください。


数的処理の進め方

ご無沙汰してます千葉本校担任の岡田です。

暑い日がまだまだ続いていますが、体調は崩していませんか?

さて、数的処理ですが、春から始めた方の多くはインプットが一通り終わった頃じゃないかなと思います。

公務員試験の学科の合否を分けると言っても過言ではない数的処理の出来具合は皆さんいかがですか?

手ごたえを感じている方はそのままの調子で頑張ってください。

イマイチ手ごたえを感じていない方に向けて今日はアドバイスを送りたいと思います。

ポイントは2点あります。

1点目は、算数・数学の基礎的な学力に不安はないですか?

2点目は、解説の使い方です。すぐに解説を読んでいませんか?



まず、算数・数学の基礎的な学力についてです。

判断推理はそれほど算数・数学は使いませんが、数的推理・図形・資料解釈は結構、算数の知識を使います。

算数、数学の基礎が無いと、方程式を立てることができない・立てたが解けないなど問題が生じます。

まだまだ、試験までは時間がありますので、算数・数学の基礎力に不安がある方はご相談下さい参考書や勉強の仕方をアドバイスいたします。


次に、解説の使い方です。

解けない問題があるとすぐに解説を読んでいませんか?

これは今すぐにやめてください。

参考書に書いてあるのは、筆者がベストだと思う解き方です。

それがあなたにとってやりやすい解き方ですか?

そうとは限らないですよね?

解説はなるべく使わない、使うとしても最小限にすべきです。

分からなくても最低20分は考える。

思考過程は必ず紙に残す。

それでも分からないときは解説は見るが、最後までは読まない

途中で解法が思いついたら、そこから先は自分で解く。

なるべく思考力を磨いてください。

数的処理は思考を鍛える訓練が有効です。

何かあれば、千葉本校の担任相談に是非いらしてください。

特別区・都庁・専門職お疲れ様でした!

こんにちは千葉本校担任の岡田です。

梅雨入りしジメジメ・ムシムシ嫌な季節ですね。

6月7日の本試験のできは皆さんいかがでしたか?

思い通りに力を発揮できた方も苦手なところが出題され力が発揮できなかった方もいるかと思います。

しかし、試験はまだ始まったばかり。

14日の一般職、28日の県庁・政令市もすぐそこに控えています。

落ち込んでる場合じゃない!

試験で出来なかった所は自分でも分かっているはずですので、
直前期は暗記分野の徹底的な見直しをしてください。

数的など、知能分野は忘れない程度にやれば十分です。

自分の今まで使ってきたテキストの穴を埋めよう。

直前期の過ごし方

こんにちは千葉本校の公務員担任岡田です。

最近急に暑い日が増えて来ましたがみなさん体調の管理は大丈夫ですか?

私は、紫外線にあまり強くないらしく早速日焼けしてしまい痛いです。

さて、直前期の過ごし方ですが、今年は試験が6月に集中しています。

あと1月くらいで公務員試験の本番ですね。

直前期になり、模試や総合演習等をしていると、必ず分からないところが出てくると思います。

そんな時でも、決して焦らないで下さい。

みなさんが1年近くかけてやってきた勉強で基礎力は十分についています。

もう1回できなかった所を見てください。

その問題は、
テキストに重要と書いてありますか?

模試での出題ならば、正答率は高い問題ですか?

そうでは無いなら、不安感に駆られて無理に手を広げすぎないことをオススメします。

今までやってきたをもう1回総復習し、体調管理に全力を尽くしましょう。